尊馬油(ソンバーユ)の使い方と口コミ評価感想

尊馬油ソンバーユ)の使い方

ソンバーユは馬油100%の皮膚保護用化粧品
赤ちゃんやデリケートなお肌の方にもお使いいただける天然オイルです。

又、人の皮下脂肪に成分組成が近似しており、
自然治癒力を高める働きがあります。
お肌のいろいろなトラブルにお使いください。

手荒れやかかとの荒れに!
お風呂上がりにソンバーユをたっぷり、べたべたになる程度塗布します。
そのままですと布団についたり床ですべったりしますので、
綿の手袋をしたり、靴下を履いたりして対応してください。

又、【皮膚用】のソンバーユはすべて口の中に入っても無害です。
口唇の荒れには一日数回塗布します。
食用ラードのような使い方もできます。
いろいろと使い方を工夫して、ご活用ください。

お肌の機能を生かすシンプルスキンケア方法!

化粧水、乳液、ローション、ジェル
お肌を保護する基礎化粧品と一口にいっても、多種多様。
お肌に吸収するタイプや栄養を与えるといわれるもの。
長年色々な化粧品を使いつづけて、お肌は本当によろこんでいますか。

お肌の機能は、
肌といわれる皮膚は厚さ約2mmで、
表皮と真皮、皮下組織を合わせた層のことをいいます。

大切なのは、洗顔と保湿!
人の体の約70%は水分。
みずみずしく美しい素肌に欠かせないのが、お肌の水分です。
このお肌の水分は、表面から与えて補うものでなく、保つことが大切なのです。
だから ソンバーユは化粧水をつくりません!

[rakutenitem keyword=’ソンバーユ’ sort_type=’1′ category=’0′]尊馬油(ソンバーユ)[/rakutenitem]

水分を保つのに重要な役割を担っているのが皮脂膜。

皮脂腺から分泌された皮脂が、皮膚常在菌によって分解され、
脂肪酸となって水分と混ざり、皮脂膜を作ります。
皮脂腺はほぼ全身に分布して、水分を保つために、
またお肌を病原菌から保護するために皮脂を分泌しますが、
20~25歳をピークに分泌量は減少していきます。

特に女性は加齢とともに急激に減少するといわれています。

ソンバーユは、
自然な新陳代謝を促す「洗顔」と、
皮脂を補い水分を保つ「保湿」だけのシンプルなスキンケアこそ、
美しい素肌をつくる近道と考えています。

尊馬油(ソンバーユ)の美容方法

尊馬油(ソンバーユ)の洗顔!

馬油主原料のお肌にやさしいソンバーユの馬油石鹸で、
古い角質と汚れを落し、新陳代謝を促しながらしっかり洗顔。

ニキビやあせもの予防もまず洗顔から。
ソンバーユの馬油石鹸は、
合成洗浄剤や洗顔に不要な成分を一切配合していない純石鹸ですから、
さっぱりと洗えるのに潤い分が残り、お肌がつっぱりません。

もちろん、赤ちゃんやデリケートなお肌の方にも安心です。

メイク汚れはクレンジング後、
馬油石鹸で洗顔するダブル洗顔。

よく泡立ててお肌の汚れを包み込むように洗顔してください。

尊馬油(ソンバーユ)石鹸洗顔のポイント

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

1.まずは髪をまとめて、クレンジングでメイクをしっかり拭き取ります。

2.水かぬるま湯で予洗いしましょう。

3.両手で石鹸を転がして、水と空気をふくませるように、よく泡立ててください。
(市販の泡立てネットなどを利用してもOK。)

4.石鹸の泡でお顔全体をつつみ込み、汚れを泡に浮き出させるように、やさしく洗いあげましょう。

5.汚れを残さないように、しっかりすすぎましょう。

[/colored_box]

 

尊馬油(ソンバーユ)の保湿!

洗顔した後は、ソンバーユで保湿しましょう。
朝の化粧下地や、夜のお風呂上がりのスキンケアなど、
用途に合わせてお好きなソンバーユをお選びください。

馬油成分が素早く表皮内に浸透し、ベタベタしないのにお肌はしっとり。

オイルタイプの化粧品とは思えないほど、さっぱりとした使用感です。

尊馬油(ソンバーユ)のつけ方!

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]
1.小豆粒程度の量のソンバーユを両手の平に広げ、
両手で顔を押えながらソンバーユを塗布します。
(水分を閉じ込めるように。)

2.首元までソンバーユを塗布したら、そのままおやすみになり、
翌朝お肌のハリと艶を実感してください。
朝の化粧下地にお使いの場合も、要領は同じです。
5~6分後、お肌の油分が落ち着いたところでメイクにおすすみください。

[/colored_box]

[amazon_vcitem keyword=’ソンバーユ’]ソンバーユ[/amazon_vcitem]

 

尊馬油(ソンバーユ)の乾燥肌の人におススメの使い方

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

お風呂で馬油パックに!尊馬油(ソンバーユ)

1.まずは洗顔!

お手持ちのクレンジングオイルでメイクをしっかりふき取り、
馬油石鹸をよく泡立てて残った汚れをきれいに洗います。
汚れを残さないよう充分にすすぎましょう。

2.馬油パック!

お顔全体にパックするように、馬油を多めに塗ります。

3.入浴&蒸す!

約10分間、ゆったり入浴しながらお顔を蒸します。
体を洗ったり、洗髪はいつもと同じ。
そして、お風呂から上がります。
※お肌の油分が気になる時は、かるく洗顔(馬油石鹸)。

4.完了!

お風呂から上がると、しっとりぷるぷるのお肌に

[/colored_box]

薬師堂の尊馬油(ソンバーユ)について

image
福岡県筑紫野市にある
株式会社 薬師堂(やくしどう)の化粧品・コスメ
尊馬油(ソンバーユ)

[rakuten keyword=’ソンバーユ’ sort_type=’1′ category=’100939′]尊馬油(ソンバーユ)のコスメ化粧品おすすめ商品一覧>>[/rakuten]

尊馬油(ソンバーユ)は馬油100%の皮膚保護用化粧品。
赤ちゃんやデリケートなお肌の方にもお使いいただける天然オイルです。

又、人の皮下脂肪に成分組成が近似しており、
自然治癒力を高める働きがあります。

お肌のいろいろなトラブルにお使いください。

尊馬油(ソンバーユ)の使い方
手荒れやかかとの荒れには、
お風呂上がりに尊馬油(ソンバーユ)をたっぷり、べたべたになる程度塗布します。
そのままですと布団についたり床ですべったりしますので、
綿の手袋をしたり、靴下を履いたりして対応してください。

又、【皮膚用】の尊馬油(ソンバーユ)はすべて口の中に入っても無害です。
口唇の荒れには一日数回塗布します。
食用ラードのような使い方もできます。
いろいろと使い方を工夫して、ご活用ください。

尊馬油(ソンバーユ)の評価、口コミ

30代女性です。

1年を通じて乾燥肌なのですが、
尊馬油(ソンバーユ)を使い始めてから改善してきました。

洗顔後→化粧水の後、保湿アイテムとして塗布します。

少量でも伸びが良く、逆につけすぎると吹き出物の原因となるので、
少ないかな?
くらいで丁度良い分量になると思います。

夜は入浴中に尊馬油(ソンバーユ)を塗布してそのままマッサージ。

肌もしっかり潤いますし、血行が促進されて小顔効果も。

この尊馬油(ソンバーユ)
マルチパーパスなオイルで全身に使うことができます。

なので、浴室内で濡れた体に適量を伸ばし、
しっかり擦り込むと体の乾燥も防ぎ、
脚などの粉吹きにも効果があります。

手に残った尊馬油(ソンバーユ)はそのまま髪に伸ばすと、
トリートメント代わりになり、ツヤツヤになります。

この尊馬油(ソンバーユ)
とても酸化しやすいので、冷蔵庫での保存をお勧めします。

室温下で保管すると、
独特の匂いが出てきてとてもじゃないけど使えない代物になってしまいますので、
この点だけ注意が必要です。

[rakutenitem keyword=’ソンバーユ’ sort_type=’1′ category=’0′]尊馬油(ソンバーユ)[/rakutenitem]

 

尊馬油(ソンバーユ)の口コミ一覧

神奈川県の30代前半女性 尊馬油(ソンバーユ)の口コミ

神奈川県の30代後半女性 尊馬油(ソンバーユ)の口コミ

 

[rakutenitem keyword=’ソンバーユ’ sort_type=’2′ category=’0′]ソンバーユ[/rakutenitem]