自然派石鹸などのお店「LUSH(ラッシュ)」の艶肌ドロップがオススメ!

LUSHラッシュ)の艶肌ドロップの評価、口コミ

自然派石鹸などのお店「 LUSHラッシュ)」の艶肌ドロップ

手作り石鹸のお店「LUSH(ラッシュ)をご存知ですか?

よく駅に近いショッピングモールやビルなどに入っていて、
強い香りを発しているので
それで知っているという方も少なくないのではないかと思います。

ましてや、
女性でしたら、すでに利用している方もいらっしゃるでしょう。

私が特にオススメしたいのは、
LUSH(ラッシュ)の「艶肌ドロップ」という商品です。

45グラム1,680円というスキンケアジェルなのですが、
特にお肌に小さい吹き出物などが
定期的に出来る方の普段のケアにオススメです。

あまりにも吹き出物が出来ている最中は使用を控えて、
薬などを塗って炎症を抑えた方がいいかもしれませんが、
お風呂上りや洗顔の後などに、
化粧水→乳液→艶肌ドロップなどのように使用しますと
サラっとなじんだ後に、お肌がキュッとしてとても気持ちよい使用感です。

こういったスキンケアのラストに使っても良いですし、
一番最初に使っても良いみたいですね。

顔全体に、
というよりも、TゾーンやUゾーンなどの、
皮脂が多めに分泌される部分を整えるのに使うと良いと思います。

おでこにばかりニキビが出来やすいとか、
または顎に何度も吹き出物が出てしまうという方は、
艶肌ドロップを試してみて欲しいです。

私も、前は繰り返す吹き出物に困っていたのですが、
ティーツリー系の洗顔フォームでさっぱり洗い流した後に
サッパリ系化粧水、艶肌ドロップ、という簡単なケアをしただけですぐに良くなりました。

顔だけでなく
首や肩などに吹き出物が出来たときにも当然効果があります。

保湿したい場合には、
重ねて乳液やクリームが必要ですが、お肌を清潔に保ちたい部分や
皮脂バランスで困っているところに塗るようにすると、
肌質が変わってくるのですごいです。

茨城県在住 30代前半女性

[rakutenitem keyword=’LUSH 艶肌ドロップ’ sort_type=’1′ category=’100939′]LUSH 艶肌ドロップ[/rakutenitem]

 

LUSH(ラッシュ)の艶肌ドロップについて

ベタつきさようなら!
さっぱりとした潤いでニキビができにくい艶肌へ

突然のニキビはお肌からのSOS。
ティーツリーやウィッチヘーゼル、
ローズマリーなど、
さまざまな国の人々が民間療法として
古くから愛用してきた植物の恵みがたっぷり。

フェイスはもちろん全身に使えるので、
トラブルがちなお肌の強い味方になるはず。

植物のエキスと海の
ミネラルが生み出した麗しき一滴。

全身に使えるスキンケアジェルで
文字通り輝くような「艶肌」を手に入れて!

こんな人へオススメ

乾燥肌の方は「さっぱり過ぎるかも」と苦手に思うかも?
でも、勇気を出して使ってみて!

潤いがお肌にすーっと入って気持ちがいいです。
お手持ちのスキンケアと組み合わせることでお肌が健やかに。

[rakutenitem keyword=’LUSH 艶肌ドロップ’ sort_type=’1′ category=’100939′]LUSH 艶肌ドロップ[/rakutenitem]

LUSH(ラッシュ)とは?

新鮮な自然派石鹸ならLUSH(ラッシュ)ジャパン。
LUSH(ラッシュ)は英国生まれのフレッシュハンドメイドコスメです。

量り売りの石鹸やカラフルなバスアイテムが人気です。
入浴剤・フェイスケア・ヘアケア・ボディケア・ギフトなども取り揃えたお店です。

[rakutenitem keyword=’LUSH 石鹸’ sort_type=’1′ category=’0′]LUSH 石鹸[/rakutenitem]

LUSH(ラッシュ)について

毎日使うコスメから、ふと漂う優雅な香りにココロが踊るような心地の良さ。
新鮮なフルーツやベジタブルがもつエネルギーを、
コスメを通してからだで感じるときの充足感。

触れたときにハッとするような心の高鳴りを呼び起こす肌触り。

おもわず笑みがこぼれるようなユーモラスなルックスだって、
心にそっと語りかけてくれるはず。

ときにはノスタルジックに、ロマンティックに、
そしてエネルギッシュに!

どんな気分にも、そっと寄り添い使う人の感性を刺激することでしょう。

わたしたちの「これから」は、誰にも予測できません。

自分自身、身近なまわりの人、地域社会や、その取り巻く環境。
地球上で生きる人や動物、自然そのすべてとハッピーを分かち合うこと。

LUSH(ラッシュ)はコスメを通して問いかけます。

コスメを開発し、製造・販売し、使用する。

このあらゆる段階において、どんな犠牲もあってはなりません。

環境に配慮し、その負荷を軽減するため考えることを止めることはありません。

毎日使うコスメ。
身近な存在だからこそ、
この私たちのまわりに確かに存在するさまざまな問題に目を向け、行動を起こします。

今よりもっと素敵なわたしたちの「これから」を願って。